割り切りの意味と誤解

割り切りと呼ばれる相手募集の時、何となく男性が誤解しているかもしれない意味があります。それは、お金が発生するということ。もちろん、相手は風俗店の人なんかじゃありません。しかし、どうしてお金が発生するのか?なんて疑問に思ってしまってはいけません。それが、割り切りの意味なのです。

割り切り相手はタダでしょうか?結論から言いましょう。そんなことはありません。なぜかと言えば、割り切りという存在は、ボランティアでもなければ、好き者と言う存在でもありません。

男性としてみると、たくさんの相手と経験を積むことができるので、武勇伝にもなるかもしれませんが、女性にとって、たくさんの男性と関係を持つというのは、極力避けたいと思っているはずです。

ヤリマンと呼ばれる女性は、本命の相手にフラれる、なんていう噂もありますし、純愛を望むのが女性ですので、その点は男性と意見が食い違うはずです。しかし、そんな女性が知らない相手に身体をタダで許す、なんて言ったらそれだけでちょっと疑わしくなってしまいませんか?もちろん、タダでなんておいしい話がごろごろ転がっている訳はありません。

出会い系サイトやアプリで見かける「割り切りのセフレ」と言うのは、「相応の金額を要求するけど、それも込みで割り切ってね」というものです。こうした意味を知らず、ただ身体だけの関係が築けると思っている男性は意外とたくさんいるようです。

では、お金を要求しない子もいるってホントでしょうか?たしかに、中には本当にセックスが好きで、相手を求めている子もいるかもしれませんが、無償で身体を許してくれる女の子が募集していたとするなら、それはほぼサクラか詐欺だと言っても過言ではないでしょう。

女性が身体を許すというのは、何かしら、身体を捧げるだけの見返りがあるからです。第一にお金でしょう。一度セックスをするだけで何万円ものお金を得ることができる。

さらに、風俗店のように仕事ではないので、自分の許容範囲内で相手を選べる、なんて思えば、気軽に登録するでしょう。はっきり・きっぱりと言ってしまえばお金が目的ですので、あなたのことや、セックスに関しては特に感情がないと思っているほうが良いでしょう。恋愛感情や、なれ合いなどは無い、というのも割り切るという言葉に含まれている意味なのです。

掲載している写真が可愛かったから声を掛けてみたら、意味の分からないことを言われた、と言う人もいます。この時の「意味の分からない」と言うのは、大抵数字のことでしょう。

さまざまな短縮言葉を使って連絡をしてくれるので、初心者には特に意味が分からない人が多いようです。例えば「別5」「込6」などの短縮語。これは、セックスをするときに、ホテルを利用しますが、ホテル代とは「別」に5万円、ということと、ホテル代「込」みで6万円という意味です。

昔は業者が多くこの言葉を使っており、説明欄にこれがあれば業者だと言われていましたが、最近では一般の子も使うようですね。しかし、全員が一般の子という訳ではありません。数字を見かけたら後ろに「万円」が付くものと思っていると良いでしょう。

意味が分かると、「それじゃあそんな相手を探すより普通にセフレ募集をした方が良いかな」と思う人や「風俗店を利用した方がいいな」と思ってしまう人もいるかもしれません。もちろん、それは貴方の自由です。しかし、身体を使うことで、お互いの利益が発生するのであれば、やはり素人の存在は欠かせないでしょう。